第12回片渕近隣公園ソフトボール大会。「長崎リトルシニア」3連覇。

    長崎市片渕近隣公園文化スポーツ振興会が主催して3月12日(日)に開かれた第12回ソフトボール大会は、好天気に恵まれ、参加登録6チームを2つに分けたリンクリンク方式による勝者同士が覇を競った。 
    優勝戦は、第2回、4回、6回、8回と複数開催年に4回も優勝している最多勝の「片渕3丁目自治会チーム」に対し、第7回と第10回、11回に連覇している長崎リトルシニアが3連覇をかけ、同時に最多4勝にも並ぶ勢いで対戦した。

    Aリーグ第1戦を1点差で負け、第2戦では、「片渕4・5丁目自治会」に5点のリードを許して迎えた最終回に、11点を返して見事逆転の6点差をつけ、3チームとも1勝1敗同士ながら勝ち点差で這い上がった。優勝戦は、Bリーグで辛勝してきた「片渕3丁目チーム」を寄せ付けず、若さの勢いで圧勝した。メンバーを補強し、今年こそは初優勝だ。と順調だった「片渕4・5丁目自治会チーム」は「長崎リトルシニア」との最終回で5点リードですっかり気がゆるみ、大逆転敗北の煮え湯を飲んだ。 

    「片渕4・5丁目自治会」(井原東洋一会長)と「長崎リトルシニア」(井原東洋一会長)の双方の会長である私にしてみれば、まさに悲喜こもごもの心境であった。しかし、ここは定評の「若松マジック」を発揮して、初の3連覇を達成し、最多4回優勝のタイ記録に並んだ「長崎リトルシニア」に拍手を送りたい。「若松マジック」とは長崎リトルシニアの若松猛監督がしばしば成し遂げる大逆転勝利の秘術の事である。(片渕近隣公園文化スポーツ振興会長・井原東洋一) 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中